あらすじ・ネタバレ・感想・評判

映画『スマホを落としただけなのに2』ネタバレ感想と評価|ラスト結末も紹介

映画「スマホを落としただけなのに」は志駕晃原作の推理小説で、2018年に映画化されました。

 

主演に北川景子を迎え、監督は「リング」シリーズや「クロユリ団地」などジャパニーズホラー作品を数多く手がけた中田秀夫氏が務めました。

 

スマホという私たちにとって身近なものをきっかけに事件に巻き込まれるというリアリティさが若者を中心に大きな反響を呼び、興行収入19億円を突破する大ヒットを記録しました。

 

そんな人気作の続編にあたる、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2020年2月に公開。

監督は引き続き中田秀夫氏、主演は前作にも登場した千葉雄大。主題歌はKing Gnuの「どろん」です。

 

ここではそんな前作のヒットもある、期待値の高い本作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』のネタバレをラスト結末までと感想・評価をご紹介します。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』のネタバレ~ラスト結末まで~

神奈川県警サイバー犯罪対策課に所属する加賀谷学(千葉雄大)は、セキュリティ会社勤務から刑事になった変わり者。

一方、前作で逮捕された殺人鬼・浦野善治(成田凌)は、ある女性の殺害容疑について取り調べを受けていました。

 

浦井は概ね容疑を認めたものの、その女性の殺害については否認。警察も浦井の犯行の共通点である黒髪の女性という特徴に合わないとの理由で、浦井の犯行ではないと考えました。

そんな中、新たな事件が発生。浦野が起こした事件の現場で新たな男性の遺体が発見されました。

 

加賀谷は、浦井なら何か知っているのではないかと会いに行きます。浦井はこの事件には”M”という人物が関係しており、自分なら”M”に近づくことが出来ると言います。

加賀谷は自らの個人情報を浦井に教える事と引き換えに、浦井からMに関する情報を引き出すことに成功。浦野の証言からMのアジトを突き止めた加賀谷でしたが、Mの姿は無く、あったのは冷蔵庫の中の謎の死体だけでした。

世間では、仮想通貨の流出が大きな問題になっており、ネット犯罪に精通した”M”の犯行ではないかと囁かれていました。

Mに対抗するため、ホワイトハッカーであるJK16こと神宮寺紗綾子(高橋ユウ)は仮想通貨に仕掛けを施し、Mが換金できないようにしました。

 

しかしJK16が何者かに殺害されてしまします。

警察は浦野を捜査に加え、Mを一刻も早く逮捕するべく捜査を開始します。

 

浦野はMをおびき出すためのトラップを仕掛け、加賀谷恋人である美乃里(白石麻衣)のもとにMからの脅迫メールが届きます。

 

ようやくMの尻尾を掴んだと、美乃里のスマホを調べると、ウィルスに感染していることが判明します。

 

美乃里がおとり捜査に協力してくれた甲斐あって、Mの顔写真を入手することに成功。写っていたのは顔に火傷の跡がある男(井浦新)。果たしてこの男がMなのか。

 

顔写真を基にMの捜索を進める警察は、美乃里に警護をつけていましたが、一人になった隙を狙われ、美乃里が誘拐されてしまいます。

徐々にMを追い詰めていきますが、何者かによって警察のパソコンがハッキングされてしまい、大混乱になります。

美乃里の誘拐を知った加賀谷は、彼女を救うべく単独で捜索に乗り出します。

 

加賀谷は美乃里のスマホの位置情報からPAにいることを突き止め、犯人を発見します。犯人を取り押さえようともみ合っていると、犯人のナイフが加賀谷の腹部に突き刺さります。

さらに、その場に駆け付けたMと思われる火傷跡の男に銃を向けられる加賀谷。撃たれた弾は誘拐犯に当たり、加賀谷はそのまま意識を失ってしまいます。

 

何とか一命を取り留めた加賀谷は、病室で目を覚まします。

そこに現れる火傷跡の男。彼は兵頭彰という警視庁公安部の人間で、警察への不正アクセスを調査する中で、美乃里をマークしていました。

 

実は加賀谷は美乃里のパソコンを通して、警察のデータベースにハッキングしていました。美乃里に捜査の目が向けられていた理由も、彼女のパソコンからのアクセスによるものでした。

目的は警察官であった父の死の真相を調べるためで、そのために加賀谷は警察官に転職したのです。

兵頭はMの正体を突き止め、逮捕します。

Mの正体は、セキュリティ会社社長の笹岡一(鈴木拡樹)。

 

笹岡は加賀谷と共に今の会社を創業し、美乃里とは社長と従業員という関係でした。

会社の資金繰りに困っていた笹岡は、加賀谷と共に立ち上げた会社を守るために、仮想通貨への不正アクセスに手を染めましが、神宮寺の妨害にあい、金で雇った男に殺害を指示したと供述。

 

美乃里まで狙った理由について、笹岡は「加賀谷を愛しているから」と口にしました。そんな笹岡にとって恋人である美乃里は邪魔な存在だったのです。

その後、加賀谷のもとに浦井から電話が入ります。浦井は警察のパソコンをハッキングし、その混乱に乗じて逃走していました。

 

浦井は笹岡は本物のMではないと言います。浦井は笹岡を脅迫し、逃亡の手助けをさせていました。

そして、Mのアジトらしき場所で発見された冷蔵庫に入った死体が本物のMだったのです。浦井は本物のMに正体を見破られそうになったため、殺害にしました。

 

浦野は既に海外に逃亡し、加賀谷にまた会おうと言い残し電話は切れます。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』を見た感想と評価

前作同様、私たちの生活に身近なスマホを題材に、情報化社会における個人情報や不正アクセスのリスクに切れ込んだ作品になっています。

 

近年SNSやネットを通じた犯罪が増加する中で、利用者が多い若年層にとっては、よりリアルに感じる作品ではないかと思います。

便利なものが生まれれば、それを悪用する人も現れます。我々が正しい知識を持って使っていかなければならないと感じます。

 

今作では刑事である加賀谷が主人公ということで、彼の過去や秘密が明らかになりました。恋人である美乃里もうまく絡めながら物語が展開されていました。

 

殺人犯・浦井を演じる成田凌の演技は前作同様、いや前作以上の存在感がありました。

前作は犯人だと分かる前後のギャップが印象的でしたが、本作は最初から殺人犯としての登場でした。頭のネジが何本か外れたかのような癖のある役を好演しており、存在感抜群でした。

 

個人的には笠岡役の鈴木拡樹を注目して観ていました。

2.5次元俳優として、舞台で活躍している彼が、3次元である映画でどのような演技を見せてくれるのか期待していましたが、映画にしっかりと溶け込んでいました。

 

ゲイという設定はさておき、笹岡役を見事に演じていたと思います。

浦井が海外に逃亡したことで、続編への期待も高まりますが、どうなるのでしょうか。

楽しみに待ちたいと思います。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の出演キャストや公開日情報

【キャスト】

  • 千葉雄大 加賀谷学役
  • 白石麻衣 松田美乃里役
  • 鈴木拡樹 笹岡一役
  • 音尾琢真 根岸剛志役
  • 江口のりこ 荒木寛子役
  • 高橋ユウ 神宮寺紗綾子役
  • 今田美桜 丹羽亮子役
  • 田中哲司 牧田英俊役
  • 成田凌 浦野善治役
  • 井浦新 兵藤彰役

【監督】

  • 中田秀夫

【映画公開日】

  • 2020年2月21日