動画配信サービス登録・解約方法

dTVの登録から解約方法までを画像つきで説明|メリットデメリットも紹介

docomoが提供するVODサービス、dTV(ディー・ティー・ビー)

docomoユーザー以外も利用可能となり、これからさらに多くのユーザーが集まる動画配信サービスへと進化していくでしょう。

 

dTVを利用する場合は、本当に安心して利用できるのか、しっかりと確認しておく必要があります。

ここではdTVの登録方法や解約方法、利用する際のメリットについて説明します。

この記事の内容

  • dTVの登録方法
  • dTVの解約方法
  • dTVのメリットとデメリット

dTVとはどんな動画配信サービス?

dTVは、docomoが運営している動画配信サービスです。

 

docomoユーザーだけが利用できるようなイメージを持ちやすいものの、実際にはだれでもアカウントさえ持っていれば利用できます。

 

月額500円(税別)という格安の料金で、12万本以上の動画を視聴できるというメリットを持っており、多くの動画を視聴したい方におすすめです。

 

また、再生機能の充実を図っており、動画を様々な方法で再生できる機能を持たせています。

 

多くの動画を短時間で視聴する方法も、dTVを利用すれば可能です。

dTVの無料登録・解約方法・注意点など

dTVの登録方法

まずはdTVのホームページへアクセスしましょう。

 

画面中央にある、「31日間無料おためし」をクリックします。

 

ここをクリックすると、dアカウントへのログイン画面が表示されます。

 

dTVは、dアカウントを所持していなければ利用できません。

 

先にdアカウントを作成してください。

持っている人は、dTVへの登録を進めるために、アカウントへログインしてください。

 

アカウントへログインすると、以上の画面が表示されます。

この画面で、登録内容や無料期間の確認を行ってください。

最後に「申込みを完了する」をクリックすると、登録が完了します。

dTVの解約(退会)方法

次に解約手続きについて説明します。

 

トップページから「解約」をクリックします。

 

解約についての説明が入ります。

説明を読んだうえで次に進んでください。

 

dアカウントでの解約手続きに移動します。

まずは解約する内容を確認してください。

 

また、解約時の注意点なども説明があります。

 

手続きの内容を確認してください。

何も問題がなければ次の画面に進んでください。

 

 

上記の画面が表示されれば、解約手続きが終了します。

dTVの解約(退会)時の注意点や留意点

dTVを解約すると、その時点で動画が視聴できなくなります。

また、レンタルで借りていた動画も、dTV解約と同時に視聴できません。

視聴期間が完了しているかどうかも含めて、解約前にしっかり確認しておきましょう。

dTVのメリット・デメリットについて

様々なメリットを持つdTVですが、デメリットもあるためしっかりと確認しておきましょう。

ここからはdTVのメリットとデメリットについて説明します。

dTVのメリット

① 動画見放題で見られる動画が多い

他のサービスと比べて、用意されている動画が多くなっています。

豊富な動画を見放題で視聴できるのは、dTVの大きなメリットです。

② 月額料金が安い

月額料金が500円(税別)とかなり安く、非常にお得です。

他の動画配信サービスの半分程度で、多くの動画を視聴できます。

③ ダウンロード可能

dTVの動画は、ダウンロードで視聴できます。

ダウンロードを先に済ませておけば、ネット環境がない状態でもdTVの動画を視聴できます。

どこでも動画を視聴したいと思っているなら、dTVを利用するといいでしょう。

④ 倍速再生に対応

倍速再生に対応しているため、どうしても短時間で視聴を完了したい人におすすめです。

また、一部分だけを倍速で視聴して飛ばす手法も使えます。

⑤ ミュージックビデオが多い

音楽関連の動画配信サービスに力を入れています。

音楽のビデオが多数見つかるため、色々なアーティストの素顔を見られるでしょう。

⑥ 字幕と吹き替えを切り替えられる

字幕と吹き替えの切り替えが簡単にできます。

他の動画配信サービスでは手間がかかる作業も、dTVなら短時間で終わるため便利です。

dTVのデメリット

① 家族で共有できない

dTVのアカウントを利用して、家族で見放題を共有するのは難しくなっています。

1つのアカウントで見られる端末は、1つまでに制限されているためです。

誰かがdTVを利用している場合は、同じアカウントを使ってdTVを利用できません。

② やや動画ジャンルに偏りあり

映画やミュージックビデオは多数用意されていますが、アニメ関連の動画が多くありません。

ジャンルに偏りがあるサービスですので、本当に自分に向いているのか、しっかりと確認しておきましょう。

なお、動画は毎週のように追加されており、本数は年々増加傾向にあります。

③ 支払い方法が制限されている

クレジットカード以外に支払える方法が、docomoのキャリア決済だけとなります。

docomoと契約していない人は、クレジットカード以外で支払えません。

docomoユーザーは他の方法を使えるものの、それ以外の人はクレジットカードを準備しなければ使えなくなってしまいます。

まとめ

dTVは、豊富な動画を提供している他、低価格で高画質のサービスを提供するメリットを持っています。ただ、動画のジャンルに偏りがある点には気を付けてください。

 

登録はdアカウントを経由する形となりますので、事前にアカウントを作成しておきましょう。

先に登録さえ終わっていれば、登録までにかかる手間はかなり抑えられる動画配信サービスです。